6月のマルシェも開催見送り

手指消毒

現況を勘案し、6月のマルシェの開催も見送りとしたいと思います。

緊急事態宣言が解除され、世の中の活動も順次再開してゆくという状況にあります。
ただし、すべてが以前に戻るわけでなく、毎日の生活に必要な事柄から順次ということになっており、業種等によって再開・実施に関するガイドラインが示されています。
市の観光課などにもお話を伺ってきましたが、当面、兵庫県のガイドラインにそって判断してほしいということでした。
現状の県のガイドラインでは、御崎マルシェに該当すると思われる「お祭り・野外フェス等のイベント開催」については以下のようになっています。

〇広域的なものは不可、特定の地域からの来場を見込み人数を管理できるものは可
〇開催する場合、以下の感染防止策を取ること
・十分な間隔(できれば2m)を取ること
・参加人数の制限:200名
・手指消毒
・参加者のマスク着用
・発熱等の症状のある者の不参加
・参加者の連絡先把握

上記ガイドラインを満たし、また、開催地(神社)とその周辺地域の理解を得ることができるかを検討したところ、緊急事態宣言解除直後の今現在の時点で、6月第3週のイベントを開催すると判断することはまだ難しそうということになりました。
このまま収束傾向が続けば、観光を促進する目的のGoToキャンペーンなども始まるようですし、状況もどんどん変わって来ると思います。
今後も情報を収集し、社会情勢を見続け、なんとか再開できるよう進めてゆきたいと思います。